とは

業績予測シミュレーションシステムを活用し、中小企業の社長のための先行管理体制の構築。
経営者が安心と自信を身につけていく経営手法です。

元銀行員がつくった、中小企業の社長のための計数管理ツールです。 中小企業経営者の多くは、経営に役立つ財務管理(経営会計)ができずに困っていますが、真にお客様の立場になってアドバイスをしてくれる銀行が少ないのも現状です。元銀行員が経験を通して、中小企業の社長のニーズにあった計数管理はどうあるべきかという問いかけから「業績予測シミュレーションシステム」は開発されています。

そのニーズとは、「勘を数字に変えること」でした。

このままいけば売上はどうなるのか、原価、販管費、利益はどうなるのか、売掛金、買掛金、資金繰りはどうなるのか。経験と勘でなんとなくつかんでいた経営に必要な会計予測データを、しっかりと実際の数字とグラフで捉えることができます。月次試算表を活用し、毎月、決算を予測していきますので、「シミュレーション」により様々な状況を想定しての対策が立てやすく、毎月、修正予算を容易に作ることができます。先行き2年分の資金繰りを予測し、早めの対策で資金繰りの悩みからも解放されます。

また、中小企業では、中長期経営計画を作成することにも苦労していますが、業績予測シミュレーションシステムがあれば、わずか数分間で作れます。直近の決算書を基に将来の数値を計算できれば良いからです。シミュレーション機能が充実し、グラフ化されることから、将来の数値を分かりやすくしっかりつかめます。先行き5年分の資金繰りまで把握できるので、適正な投資額、適正な借入額の判断が一瞬で出来ます。

これからどう動けば良いのかを教えてくれるのは、過去の数字だけでは十分ではありません。将来の数字を知ることにより、心が動き、人が動きます。

システム概要

業績予測管理
  • 月次試算表を活用し、毎月、決算を予測する。「毎月のローリング決算予測」
  • シミュレーションにより様々な状況を想定しての対策を立て、毎月、修正計画を策定。「シナリオ別計画策定」「毎月が計画修正会議」
長期財務分析
  • 決算書の過去データ分析(過去9期分)「銀行が行う財務分析を網羅」=社長自身が銀行と同等の財務分析を行う。
  • 中長期計数計画を瞬時に作成。 「適正投資、適正借入を判断」

システム構成

  1. 業績予測管理 過去36ヶ月分月次データと今期経過月次試算表を基に今期決算を予測管理。
    売上、原価、販売管理費、利益、キャッシュフロー、売掛金、在庫、買掛金、手形、借入金、資金繰り等、社長が抑えるべきデータをすべて予測管理。
  2. 長期財務分析 過去9期分の決算書を入力。過去のデータをグラフ化し、銀行が行う財務分析データ(実績)を網羅。
    将来5年分の中長期計画を売上、利益、設備投資、新規借入金、資金繰り等、シミュレーションで簡単に作成。

画面を見る